本文へ移動

維持管理調査

 高度成長期に建造された公共構造物や民間建築物に関しては、今後、いかに適切に維持管理していくか、あるいは設備更新するかが「安全性と経済性のバランス確保の点」で重要な課題となっています。点検にあたっては、目視調査及び打音調査等が基本になりますが、これらの手法は、点検者による個人差が大きいともいわれています。そのため、弊社では、物理探査手法や写真画像処理技術、熱赤外線画像処理技術等の定量的判定を組合せることで、技術者の経験や勘を頼りにするだけでなく、構造物の変状等の実態を詳細に把握しようと考えています。
株式会社 ソイル・ブレーン
〒745-0802
山口県周南市大字栗屋1035番地の6
TEL.0834-25-0031
FAX.0834-25-0049