本文へ移動

パイプカメラによる調査

 パイプカメラ調査は、管路等の排水施設の変状箇所等を把握するために用いられます。使用する装置は、先端にカラー画像のパイプカメラを有し、画像伝送、電源供給線を内包した押し込みロッドと、その巻枠、及びコントロールユニット(電源ユニット、ビデオタイプライタ、モニタTV、VTR)よりなります。また、管内の状況によっては管路内を洗浄する高圧洗浄装置も使用します。
カメラヘッド
モニター部

<パイプカメラ調査例>

 高速道路における中央排水管の破損状況をパイプカメラによりビデオ撮影し、確認した事例です。
パイプカメラ挿入孔
パイプカメラ挿入状況
排水管への土砂流入
管継手部からの湧水
株式会社 ソイル・ブレーン
〒745-0802
山口県周南市大字栗屋1035番地の6
TEL.0834-25-0031
FAX.0834-25-0049