本文へ移動

道台部の災害復旧事例

 国道の道台部切土斜面において、断層破砕帯に起因する表層崩壊が発生しました。
 断層破砕帯は擁壁等の構造物の支持層としては不適当であることから、対策工の比較検討結果から復旧工法としては地山補強土工法(PANWALL工法)を採用しました。
地山補強土工法(PANWALL工法)の横断計画
被災時写真
対策後写真
株式会社 ソイル・ブレーン
〒745-0802
山口県周南市大字栗屋1035番地の6
TEL.0834-25-0031
FAX.0834-25-0049