本文へ移動

森林資源モニタリング調査

 森林資源モニタリング調査とは、森林の状況とその変化の動向を全国で統一した手法に基づき把握、評価することにより、地域森林計画及び国有林の地域別の森林計画における森林整備に係る基本的な事項等を定めるのに必要な客観的資料を得ることを目的とし、5ヵ年で全ての調査調査区域の現地調査を完了させ、5年毎に繰り返し実施しています。
 この調査分析を進めることにより将来的には、生物多様性や炭素循環への森林の寄与等それぞれの項目ごとの評価や、あるいは森林資源の総合的な評価も可能となります 。

立木調査

小円部、中円部、大円部毎に分け調査。 
対象立木 小円部:胸高直径1.0cm以上
     中円部:胸高直径5.0cm以上
     大円部:胸高直径18.0cm以上
調査項目:樹種、胸高直径、樹高(大小様々な樹木をランダムに20本)
     枯損、剥皮、空洞
株式会社 ソイル・ブレーン
〒745-0802
山口県周南市大字栗屋1035番地の6
TEL.0834-25-0031
FAX.0834-25-0049