本文へ移動

PDC(ピエゾドライブコーン)試験

 PDC(ピエゾ・ドライブ・コーン)試験は、地盤の間隙水圧を動的貫入試験によって測定することで、原位置試験のみで地盤の液状化強度の評価を可能とした地盤調査技術です(※NETIS TH-100032-VR)。PDCでは、貫入抵抗値Nd値(換算N値)だけでなく、「打撃時に発生する残留間隙水圧比」、「残留間隙水圧比と細粒分含有率Fcの関係」から1打撃毎の細粒分含有率Fcを推定し、得られたNd値、Fc等から液状化強度を評価します。従来の調査と比較して、安価で工期も短いため、複数以上の箇所で実施することで、地震時における地盤の液状化範囲の絞り込みを経済的に行うことができます。

PDC測定状況全景

PDC試験装置

PDC解析結果例

株式会社 ソイル・ブレーン
〒745-0802
山口県周南市大字栗屋1035番地の6
TEL.0834-25-0031
FAX.0834-25-0049