本文へ移動

キャスポル(簡易支持力測定器)

キャスポルは国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS)に登録された新技術で、加速度計を内蔵したランマーが地盤に衝突した際に得られる「衝撃加速度(la値)」と地盤定数との相関関係を利用し、CBR、粘着力(C)、内部摩擦角(Φ)、コーン指数(qc)、地盤反力係数(K30)などの測定が可能です。
また、キャスポルで測定される粘着力(C)や内部摩擦角(Φ)の値を使って、地盤の支持力を算定することもできます。
ただし、キャスポルで得られた測定データは地表面から20~30cm程度までの地盤状態しか反映していないことに注意が必要です。

キャスポル(簡易支持力測定器)実施状況

キャスポル測定結果例

株式会社 ソイル・ブレーン
〒745-0802
山口県周南市大字栗屋1035番地の6
TEL.0834-25-0031
FAX.0834-25-0049