本文へ移動

液状化解析

 2001年芸予地震では、過去大きな地震に見舞われたことのなかった山口県内において、小規模ではありますが液状化が確認されました。地震時に生じる液状化現象は、地盤やその上の構造物に大きな被害を生じさせることから、液状化被害の程度を把握することは、液状化対策や地震後の対応を適切に行うためにも非常に重要なことです。
 また、近年は、仕様準拠型設計から性能規定型基準に基づく性能設計を具現化するために、重要構造物に対しては詳細な地震応答解析が必要となってきています。これらの解析を行うにあたっては、解析に用いられる土の構成モデルや使用するプログラムの解法の特徴等を理解しておく必要がありますが、計算に用いる土の動的性質に関する知識も必要となります。
  以上のことを考慮したうえで、当社では、土質調査、土質試験結果をもとにしたFL法による簡易予測だけでなく、室内液状化試験結果や地震応答解析結果をもとにした詳細な予測も行える体制を整えています。
土の液状化強度特性を求めるための繰返し非排水三軸試験
土の変形特性を求めるための繰返しねじりせん断試験
 当社では、液状化判定システム「LIQUEUR」、「LIQ/PV Win」等を使用し、各機関に応じた液状化判定が可能です。「LIQUEUR」では地震応答解析で残留ひずみ等の地盤の非線形性が考慮できる解析プログラムYUSAYUSA-2が利用できるため、1次元の有効応力解析にも対応できます。また、港湾の施設の技術上の基準・同解説(平成19年)に採用されたFLIP(Ver6.0.6)による1次元の地震応答解析と液状化判定も可能です。 
LIQUEURによる1次元地震応答解析事例
検討地盤、入力加速度、加速度応答スペクトル
株式会社 ソイル・ブレーン
〒745-0802
山口県周南市大字栗屋1035番地の6
TEL.0834-25-0031
FAX.0834-25-0049