本文へ移動

地すべり対策工の設計

 市道の道路法面に発生した幅約70m、高さ約40m、斜面長約70m、地すべり最大鉛直層厚約17mの結晶片岩地すべりにおける対策工の実施設計を行いました。設計においては、まず重要な生活道路である市道の交通解放を行うため、 応急対策工として地すべりブロック外からの横ボーリング工を計画しました。
 この横ボーリング工の施工時には毎分20L以上の湧水があり、暗渠工施工後は豪雨時での地下水位上昇量は10cm前後と極めて小さくなりました。
 また、頭部滑落崖に設けた地盤伸縮計での変動は全くなくなりました。
 恒久対策工は、比較検討結果から施工性や経済性等に優れたアンカー工(独立受圧板併用)と地すべりブロック内での横ボーリング工を計画しました。
対策工計画平面図
対策工計画横断図(主測線)
地すべりブロック外からの上段横ボーリング工実施直後の湧水状況
アンカー工(鋼製受圧板併用)
施工完了直後
[2011年4月撮影]
アンカー工対策後の現在の斜面状況
[2018年5月撮影]
株式会社 ソイル・ブレーン
〒745-0802
山口県周南市大字栗屋1035番地の6
TEL.0834-25-0031
FAX.0834-25-0049