本文へ移動

急傾斜地崩壊対策工事に伴う斜面崩壊対策工の設計

 急傾斜地崩壊対策工事(保全対象人家29戸)に伴う斜面崩壊対策工の詳細設計を行いました。斜面崩壊対策工は、地形・地質、崩壊形態の違いなどから5ブロック(A,B,C-1,C-2,C-3ブロック)に区分しました。そして、各ブロックにおいて抽出した対策工の施工性や経済性等の比較検討を行い、Aブロックは「重力式擁壁工(H=2.5m)+吹付法枠工+鉄筋挿入工」、BブロックおよびCブロックは「吹付法枠工」を採用しました。なお、豪雨時にCブロックの北端斜面から多量の湧水が認められたことから、水みちを考慮した地下水排除工(恒久排水補強パイプおよび暗渠工)を計画しました。

対策工平面図

Aブロックの対策工計画横断面図

Aブロック対策工施工後

B・Cブロックの対策工施工後

株式会社 ソイル・ブレーン
〒745-0802
山口県周南市大字栗屋1035番地の6
TEL.0834-25-0031
FAX.0834-25-0049