本文へ移動

山地治山(斜面崩壊対策)の設計

 集中豪雨により、幅約20m、高さ約45m、斜面長約55mの大規模な斜面崩壊(岩盤崩落)が発生しました。山頂部と中腹斜面には不安定な岩塊が残存していたため、のり面保護工として吹付法枠工(枠内モルタル吹付)を計画しました。なお、崩壊斜面の傾度は約45°の急斜面であったため、施工時の安全性を考慮して掘削は無人化施工としました。
斜面対策計画平面図
斜面崩壊状況
斜面対策後
株式会社 ソイル・ブレーン
〒745-0802
山口県周南市大字栗屋1035番地の6
TEL.0834-25-0031
FAX.0834-25-0049