本文へ移動

橋梁設計

 橋梁の基礎は、供用開始後に有害な沈下等が生じないよう、十分な支持力を有する支持層におく必要があります。そのために、ボーリング調査を行う必要がありますが、小規模な橋梁については、下部工だけでなく、上部工の設計も行っています。
 橋長約10mの橋梁計画に対し、上部工としてプレテンション方式PC単純床版桁、RC中空床版の2案と、下部工として逆T式橋台、重力式橋台の2案の組合せについて、比較検討した結果をもとに、プレテンション方式PC単純床版桁と逆T式橋台の組合せ案を採用して設計した事例です。
設計前の調査地を上流側から望む
工事完成後の橋梁
調査設計前
工事完成後
調査設計前
工事完成後
株式会社 ソイル・ブレーン
〒745-0802
山口県周南市大字栗屋1035番地の6
TEL.0834-25-0031
FAX.0834-25-0049